先生紹介

港北幼稚園の先生たち

港北幼稚園で働く先生にインタビューをしました。
様々な経歴の職員が、ここでしか聞けない園の魅力を思いのままに答えています。

主任 はるの先生

現代社会の中で「生きる力」というものは、どのようなものでしょうか?

港北幼稚園では、ただ正解や“できること”がすごい、ということを教える保育はしていません。どうして?なぜ?と粘り強く考え、試行錯誤すること、間違いや失敗を恐れずに取り組んでいくこと、人に思いやりをもって関り、協力していくことなどを大切にした保育を心がけながら、日々子どもたちも保育者も過ごしています。

また、子どもたち一人ひとりの“やってみたい!”を引き出し、それをできる限り実現していきたいと考えています。子どもたちがたくさんの可能性と出会うためにも、保護者の皆様と一緒に子どもたちの好きなこと、興味・関心を見つけていくことが私たちの願いです。

そして、保護者の皆様にとっても、港北幼稚園が保護者の皆様同士のコミュニティーの場になることも願っています。

なはな先生

子どもたち1人ひとりの呟きや声に耳を傾け、保育者も一緒に面白がったり、時には一緒に悩んだり乗り越えたり…。子どもたちの色々な心に寄り添えたらなと思っています。

やってみようかな?挑戦してみたい!面白い!という気持ちを大切に、遊びの中で興味があることに夢中になったり、探求したりする心を大切にしたいと思っています。

なな先生

子どもたちと過ごしているとその姿に尊さと愛おしさを感じます。なぜなら、夢中で遊び全力で笑い挑戦し、時には上手くいかない事や友だちとのいざこざに心を動かし続ける、そんな子どもの姿があまりに眩しいからです。またその中で感じ考えた経験は大切な心を育み、その心は、人生で困難に直面した時に、強さや優しさ、勇気となり、一生支えてくれる力になると思います。毎日が奇想天外な子どもの世界。側にいる大人は信じて見守り、ありのままの良さを認め、そっと寄り添う、そんな大人の一人でありたいです。

りく先生

私も港北幼稚園出身で、楽しい幼稚園生活を過ごしました。子どもたちにも、元気いっぱい、それぞれのやりたいことや興味のあることを思いきり楽しんでもらいたいと思います!

幼稚園では泥だらけになったりびしょ濡れになって遊ぶ姿もあります。ダイナミックに遊ぶ事が出来るのも港北幼稚園の良さだと思います。また保育者も子どもたち一人一人が幼稚園生活を楽しめるように日々話しあい、皆で考えながら保育に取り組んでいます。